低体温対策の救世主はサプリメント!免疫力を下がるのを防ぐ!

低体温の対策はサプリがおすすめ☆

 

私たちの体温は、ふつう36.0℃〜37.0℃くらいの間で生活をしています。しかし最近では、35.0℃台、さらに下回っている人が増えてきています。

 

このような状態は、体温が低いということから「低体温」と呼ばれています。低体温は様々な病気のもとになりやすいとされています。

 

特に体温が低ければ低いほど免疫力が低下し、体調を崩しやすくなるのです。

 

低体温になってしまう原因は様々ですが、食事や入浴方法、運動を取り入れる、などの普段の生活を見直していくことで改善することもあります。

 

しかし、仕事が忙しくてなかなか生活改善ができない、という方も多いことでしょう。

 

そんな時に救世主となるのが、低体温対策の成分が配合されているサプリです。
体の中から温める作用があるものが多いので効果も実感しやすく、飲むだけなので続けやすいのも魅力ですよね。

 

そんな低体温対策サプリのランキングをご紹介いたします!

低体温対策サプリのおすすめランキング

 
高麗のめぐみの特徴

低体温に効果的な栄養として挙げられる高麗人参。「高麗のめぐみ」には、美めぐりをサポートする6年根紅参と、滋養をサポートする黒参、2種類の高麗人参をブレンド。 得に黒参は、朝鮮王国時代から王族しか口にすることができなかったという品格ある素材。その栄養価はすさまじく、低体温に効くとされる有効成分サポニンの量は通常のものにくらべて5〜10倍にもなり、今注目されている素材です。 そして、これら高麗人参の栄養素の酸化を防ぐために、大自然のバリア成分であるプロポリスを配合し、より効果的なものに。また、プロポリス自体にもたくさんの栄養が含まれており、サポート役ではもったいないほどの効果を発揮しています。 公式HPでは、初回限定の特別キャンペーンを先着300名に対して実施中。通常価格6,580円(税込)がなんと70%OFFの1,980円(税込)にて購入可能です。

価格 6580円⇒定期コース初回1980円
評価 評価5
備考 継続購入の縛りなし☆10日間の安心返金保証☆
 
 

高麗美人で低対応改善

高麗美人の特徴

「高麗美人」は、体を温める作用が強い高麗人参配合のサプリ。
高麗人参には体質改善に欠かせない栄養素もたっぷり含まれています。
めぐりの要と言われるサポニンの量は大豆の約7.7倍、女性には必要不可欠な鉄分プルーン約84.5個分、タンパク質やコラーゲンの生成を助ける亜鉛ピーマンの約35.5個分、塩分を抑えてくれるカリウムリンゴの約7.6個分、イライラを消してくれるカルシウムほうれん草の約2.9束分、エネルギー生産を助けるマグネシウムセロリの約18.6本分、コラーゲンの生成を助けるアミノ酸はたっぷり18種類と、挙げだしたらキリがないほど。その栄養をぎゅぎゅっとサプリに詰め込みました。

公式HPでは、定期コースの購入者限定で潤いが満ちる高麗人参エキス配合のオールインワンゲル「ミニ高麗美人ゲル」がついてきます。
また、通常3,024円(税込)のところ、定期コースの2か月ごとに2袋お届けで15%OFF、毎月1袋お届けで10%OFFと、定期コースがお買い得です。
また、初めてでも開封後30日間返品保証なので、安心です。

価格
評価 評価4
備考
 
 

美めぐり習慣で低対応改善

美めぐり習慣の特徴

「美めぐり習慣」は、日々生活の中で失っている鉄分を効率よく補給できるサプリです。
特に女性は月経や偏った食事などにより鉄分が失われているために、鉄分不足の人が多く、そのせいで体調不良や、低体温にもつながります。
鉄分は体内で作ることができないのにもかかわらず、尿や汗、月経などで流れ出てしまうので、常に鉄分を補給する必要があります。
さらに吸収しにくい栄養素でもあるので、鉄分を摂取したとしても実際に体内に取り込まれるのはごくわずか。
そのためにビタミンや葉酸などの吸収率をサポートする栄養素と一緒に摂らないと意味がなくなってしまいます。
「美めぐり習慣」吸収性に優れたヘム鉄を採用し、さらに鉄分量が圧倒的に高いレバーのエキスを配合鉄パワーを最大限に引き出すアセロラ、モロヘイヤ、スピルリナも配合し、摂取した鉄分をそのまま体内へ届けることが可能にしました。
鉄、葉酸、ビタミンC、ビタミンB12、ビタミンB6を補給できるので、栄養機能食品としての基準も満たしています。
また、ぽかぽか成分で知られるオーガニック生姜もプラスされています。

公式HPでは、ただ今「美めぐり習慣スタートキャンペーン」を実施中
初回限定で毎月定期便が66%OFFの1,480円(税込)に!

価格
評価 評価3
備考
 
 

金時しょうが粒で低対応改善

金時しょうが粒の特徴

「金時しょうが粒」は、温めパワーが強力な金時しょうがをたっぷりと配合したサプリ。
昔から身体を温める食べ物として知られている生姜ですが、金時しょうが温めパワーが通常の生姜に比べて4倍と大きな差があるパワフルな生姜です。
そんなパワフルエキスを1日分の2粒に300rと高配合。
生姜が育つ環境にもこだわり、たっぷりと畑の養分を吸収させるために一度栽培した畑で次に栽培するのは5年後、さらに農薬、化学肥料は使わずに栽培したもののみ使用するという徹底ぶりです。
また、ピペリンという温め成分をもつコショウの仲間である「ヒハツ」と、体の巡りを促して健康と美をサポートしてくれる青みかんに含まれるポリフェノールの一種である「ヘスぺリジン」もプラスして、体を芯から温めます。
また、年齢と共に失われるヒアルロン酸も配合され、美容にも効果的に。

公式HPから申し込むと、初回限定で1袋からメール便で送料無料に。

価格
評価 評価3
備考
 
 

美健知箋ポリフェノール・生姜・高麗人参で低対応改善

美健知箋ポリフェノール・生姜・高麗人参の特徴

「美健知箋ポリフェノール・生姜・高麗人参」は、体内の巡り力に着目しサポートするサプリ。
冷えを撃退し、低体温にも効果を発揮する生姜、ポリフェノール、高麗人参の3成分をベースに、サポート役の9成分を配合しています。
ぽかぽか成分の代表格である生姜と、滋養強壮でおなじみの高麗人参はよく耳にするものですが、美容や巡り力に欠かせないものとしてもう一つのポリフェノールに注目。
レスベラトールというスーパーポリフェノールを採用し、赤ワインの健康成分をまるごと摂ることができます。
サポート成分にはビタミン類をはじめ、無臭ニンニクや黒コショウ、ビール酵母、クエン酸、葉酸といった栄養素をプラス。
健康成分の相乗効果で体内の巡りがよくなるように促します。
また、有効成分の組み合わせにこだわり、成分がお互いの働きを助け合い、相乗効果がうまれるように配合しており、さらに、天然成分をそのまま届けられるように、製造過程で熱処理をおこなわずに作るため、ハードカプセルのサプリメントになっています。

公式HPでは定期初月限定価格で、通常価格から46%OFFの2,000円(税込)で購入可能です。

価格
評価 評価3
備考
 

 

体温の正常値ってどのくらい?

人間の体温の正常値というのはどのくらいかご存知でしょうか。

 

一般成人(10歳〜50歳)正常値は36.0℃〜37.0℃と言われています。
新生児や小さい子供はこれよりもちょっと高めで37.0〜37.5℃くらい。

 

計り方や年齢によっても変化するのもではあるのですが、この正常値から外れている体温である場合、体になんらかの影響がでてくると考えられています。

 

低体温って?

低体温を知るうえで1つのキーワードとなるのは体温が「35℃台」ということです。
しかし、平熱が35度台のすべての人が低体温ということではありません。

 

実は、低体温と判断するための重要な2つ目のキーワード「体の中心の温度が」35℃台だからです。

 

どういうことかというと、一般的には手や足の指先など体の中心から離れれば離れるほど、温度は低くなります。
また、寒い日だけではなく涼しいくらいの日でも外気に触れた肌は温度が低くなります。
だからと言ってそれが低体温かと言われるとそれは異なります。

 

「体の中心の温度が」「35℃以下」この2つのキーワードが揃って初めて低体温であるということになります。

 

正しい体温の計り方を知ろう!

そこで気になるのが、どうやったら「体の中心の温度」を測ることができるのか、ということ。
普段より平熱を知っておくことはとても重要になるので、正しい体温の計り方を知って、自分の平熱を把握しましょう。

 

わき式体温計の場合、わきの中心の温度を測ることが重要となります。

 

体温計を下から少し押し上げるようにして、わきをしっかり締めます。
その時にわきと体温計が密着するように、図っていないほうの手で腕を軽く押さえてください。

 

検温の際は、いつも同じは計り方をする、汗を拭いてから計る、下着などに体温計が当たらないように注意する、という3点を忘れずに!

 

また、食後やお風呂、運動の後には体温が上がっていますので、30分以上たってから検温しましょう。

 

低体温の原因は?

低体温の原因として、甲状腺ホルモンが不足すると低体温になる場合があります。

 

この場合は、はっきりした原因があるので、血圧が低かったり冷えやむくみなどの自覚症状がある人は、甲状腺の検査をうけましょう。

 

はっきりとした原因が無いのに低体温の場合は、大部分は生活習慣が原因となります。
普段の生活の中で、体を冷やしたり血行を悪くするようなことを続けていると、低体温になりやすいのです。

 

例えば、痩せすぎ、運動不足、寒いのに薄着、偏食傾向、体を冷やす食品を好む、喫煙習慣がある、入浴をシャワーのみで済ます、冷房の効いた部屋に長時間いる、これらの項目に当てはまる人は、低体温になりやすくなります。

 

また、睡眠不足や睡眠のリズムの乱れ人間の正常な自律神経のバランスを崩すことにつながる可能性があるので、それによってうまく体温調整ができなくなることがあります。

 

また、ストレスや姿勢の悪さなども自律神経を崩したり、血流を悪くする原因になるので、直接的にかかわりがなくても体を冷やす要因として考えられます。

 

どうして低体温だといけないの?

では、低体温だと体にどのような影響が出るのでしょうか。

 

まず、低体温の人は、風邪をひきやすくなります。

低体温になると、自律神経が乱れたり代謝機能が低下してりして、免疫力の低下を招くからです。

 

免疫力が低下すると抵抗力も無くなり、風邪をひきやすくなる上にひいても治りにくくなります。
人間の体は、風邪やインフルエンザなどで、細菌やウィルスが体内に侵入すると発熱してウィルスを退治しようとします。

 

ところが、低体温になると体温がなかなか上がらずウィルスをやっつけることができないのです。
せきや鼻水が出て体がだるく頭もボーっとするなどの風邪の症状があるのに、熱を測ると熱が全然ないという人がいます。
それでもツライ症状が続く場合は、低体温の可能性があります。

 

低体温で免疫力が低下するということは、風邪どころかガンなどの大変な病気を引き起こす時もあります。
たかが低体温と思わずに、早めに改善をすることが大事です。

 

また、低体温が頭痛の原因にもなるといわれています。
頭痛は、血流が悪くなり脳に酸素や栄養が十分に届けられなくなると起こります。

 

低体温の人は、大体において血流が悪い傾向にあります。
この血流が悪くなることに低体温が関係してくるのです。

 

低体温と免疫の関係とは

では、なぜ低体温が免疫力低下を招くのでしょうか。

 

実は、体温が1度下がっただけで、免疫力が4割近くも低下するといわれています。

 

免疫力とは、病気に対する抵抗力のことで、外から体に侵入してきた細菌やウィルスを退治する働きです。

 

この免疫機能は、血液中の白血球が担っています。
白血球の機能を高めれば、免疫力が強くなります。

 

体温を調整している自律神経のバランスが崩れると、白血球の中でも大事な役割をするリンパ球が少なくなり、血流が悪くなり体温が低くなります。

 

このように、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスで、低体温と免疫力はコントロールされています。
反対を言えば、自律神経のバランスを整えて、体温を上げることが免疫力アップに繋がります。

 

サプリで低体温対策!

低体温の対策方法として一番手っ取り早く、長く続けられる方法としてサプリの摂取があります。
しかし、「低体温専用のサプリ」と謳っているものは少ないので見つけにくいのが現状。

 

選んでもらいたいものとしては、血流を良くするもの、体を温める成分が入っているもの、血液を作るのを助けてくれるもの、自律神経や女性ホルモンを整える作用があるものなどが低体温に効くものとなります。

 

特に、低体温に効果的な栄養として挙げられる高麗人参や生姜、血液を作るのに必要な鉄分などが配合されているものは効果が期待できます。

 

低体温改善のために食生活を見直してみよう!

低体温は日々の食事によっても悪化したり改善したりします。

 

昔から人は自然の食品によって寒さをしのいだり逆に暑さをしのいだりしてきました。
食材によってどのような効果があるのかを知り、体を冷やす食材を極力避ける必要があります。

 

特に夏野菜と言われるナスやトマト、きゅうり、ズッキーニなどは体を冷やす効果が高く、低体温の方は避けなければなりません。

 

また意外かもしれませんが、常夏の国で好んで食べられるスパイス系の食べものには逆に体を冷やすものが多く存在します。
スパイシー=体を温めるというわけではありませんのでご注意を。

 

逆に体を温めるものは冬によく用いられる食材ということになります。

特に、にんにくやネギ類、生姜などは体の芯から温めてくれます。

 

普段の料理にも組み込みやすいのでぜひ活用してみてください。

 

体を温める食べ物&飲み物

・根菜類…ごぼう、にんじん、大根など
・野菜類…ネギ、生姜、にらなど
・豆類…大豆、小豆、えんどう豆など
・乾物…干魚、乾燥野菜など
・発酵食品…味噌、しょうゆ、納豆など
・肉類…鶏肉、鳥レバー、豚レバーなど
・飲み物類…しょうが湯、黒豆茶、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒など
※お茶類はホットで飲むのが基本となります。

 

体を冷やす食べ物&飲み物

お菓子、バター、マヨネーズ、ジャンクフード(ファストフード)
夏野菜(トマト、なす、きゅうりなど)
果物類(キウイ、スイカ、梨、バナナなど)
コーヒー、緑茶、麦茶、牛乳、豆乳、清涼飲料水、ジュース、白ワイン、ビール、ウイスキー、焼酎など。

 

ただ、体を冷やすものだからと言って完全に排除するのではなく、控えめにするくらいのつもりで、バランスのいい食事を心がけてください。

 

また、朝食を抜くのはNGです。
朝食は、単に空腹を満たすばかりではありません。
眠っている間に下がった体温を高めるという効果があるのです。
さらに体温調整を司る自律神経の調整にも効果的です。

 

私たちは、食べ物のエネルギーから熱を作っているわけですから、その元がなくなれば体温をうまく上げられなくなってしまうのもうなずけます。

忙しい朝でも、最低限「主食(ご飯やパン)+卵+味噌汁(スープ)」は摂るよう心がけましょう。

 

低体温の人は入浴することがとても大切

忙しいから、めんどうだからといって、入浴をさけてシャワーだけで済ませている方は危険信号です。

 

湯船にきちんと入ることで、全身の血流を良くして、全臓器・細胞の新陳代謝を促進して体温を上昇させることができます。

 

また、発汗や排尿を増やす事で、低体温の一因となる体内の余分な水分を排泄して、さらに体温上昇を促してくれるのです。

 

オススメの入浴方法は半身浴からの全身浴。

 

まずはかかり湯を十分にした後、38℃ほどのぬるめのお湯に胸(みぞおち)から下だけお湯に20分〜30分ゆっくりと浸かります。
そのあとにお湯を増やして全身浴で体全体を温めるといった流れになります。

 

お腹には様々な臓器が集まっていますので、ここを冷やすと体全体も冷えてしまいます。
また下半身の血流の流れが悪いと、冷え性や生理不順、肩こりを引き起こし、下半身太りにもなりやすくなります。
また、ぬるま湯の半身浴で体の芯から冷え取れば、自律神経を整えれば、更年期も乗り切りやすくなります。

 

低体温に効くマッサージ

 

低体温を改善するマッサージやツボがあるのをご存知でしょうか。
セルフでできる物なので、隙間時間などを活用して積極的に行ってみてください。

 

脚の付け根のマッサージ

両足の足の付け根を丁寧にさすります。
リンパ液が流れ、血流もよくなるので下半身の血行を促進します。
老廃物も流して排出されるのでむくみや脚のダルさにも◎。
湯船の中でやると、効果的です。

 

くるぶし周りのマッサージ

外側のくるぶしを手の親指で円を描くようにグルグルしたら、そのままヒザの辺りまで押し流します。
指が難しければ、手をグーにして人差し指の第二関節でやるのもアリです。

 

ツボ押し

足のツボで有名な「湧泉(ゆうせん)」を左足から5秒押し、5秒で戻します。これを3回くらい繰り返して下さい。
次に足の親指と人差指の骨の間の「太衝(たいしょう)」を手の親指を足の甲に垂直に立てて、ぐーっと押すようにして下さい。
続いて内側のくるぶしの、指4本分上「三陰交(さんいんこう)」。骨と筋肉の境目を探して下さい。
押す時は息を吐きながら離す時は吸いながら押してください。左が終わったら、右も同じように繰り返します。

 

指に力が入らないときには、マッサージ棒などを使ってみてくださいね。

 

まだまだある!低体温対策方法

低体温を改善するために必要なことはたくさんあります!
いくつか効果的なものをご紹介します。

 

運動する

運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛えましょう。

 

オススメはウォーキングとスクワット。

 

第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが動き、そのポンプ作用で血流が良くなります。
また筋肉を使うことで体温が上がります。

 

タバコを控える

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くするともに基礎代謝も低下させてしまうためです。

 

過度なダイエットは控える

食事を控えるダイエットは禁物です。
食べることによりエネルギーを生み出し、それが体温上昇にもつながりますので、低体温の人が食べない系のダイエットをしたら余計に体温が下がってしまい、体にも悪影響が出てきます。

 

バランスの良い食生活をして、体温を上げるような生活を続けていると、体温上昇に伴い代謝もぐんとUPするので、それがダイエットにつながります。
過度なダイエットをするのではなく、生活習慣を見直して健康的な体作りをしてみてください。

 

低体温が不妊の原因に

男性よりも女性のほうが低体温になりやすく、実際に低体温の女性は年々増えているといわれています。

 

血液は栄養素や酵素を運ぶ大切な働きをしています。

 

血流が悪いと、卵胞刺激ホルモンが分泌しづらくなり、排卵障害(月経不順、卵巣機能低下、多嚢胞性卵巣など)を引き起こし、不妊の原因となってしまいます。

 

特に生殖機能のある下半身は冷えやすいため、冷えによって卵管が収縮し、子宮内膜症、子宮筋腫の病気の原因になったり、卵巣の機能が低下してしまったりと、低体温の影響を受けやすいのです。

 

なかなか赤ちゃんが授からないなと思ったら、自分の平熱を測ってみましょう。
もし36.2度以下だったら冷えが不妊に繋がっているかもしれません。

 

低体温により美肌が失われる?!

体温が低い人は新陳代謝が滞り、肌のターンオーバーに時間がかかってしまい、肌荒れを起こしやすくなります。
そのままにしておくと様々な肌トラブルを引き起こすことが分かっています。

 

クスミやクマの原因に

体温が下がってしまうと、身体は内臓が冷えないように手足などの末端に血流を減らし、身体内部の体温が下がらないように血液を集中させます。
そのため、手足だけでなく、顏の血流も滞ってしまうため、クスミやクマを引き起こす原因になってしまいます。

 

ターンオーバーに影響

肌の毛細血管の血流が滞ってしまうと、細胞に充分な酸素と栄養が行き渡らず、本来の働きができないため、新しい細胞が生まれるスピードが遅くなってしまい、ターンオーバーが滞る原因になってしまいます。

 

ニキビや肌荒れの原因にも

体温が下がってしまうと、腸も冷えてしまいます。
腸の温度が下がると、腸の動きが悪くなるだけでなく、善玉菌の活動が鈍くなり、悪玉菌優位の環境が作られ、腸内環境が悪化。
便秘や下痢といった腸トラブルを引き起こす原因に。
腸は、老廃物や毒素の排出、栄養素の吸収という大切な役割を担う臓器。
腸から老廃物などがスムーズに排出されないと、再吸収され皮膚からも排出しようとして、ニキビや肌荒れの原因になりかねません。

 

 

 

 

 

==>>低体温の対策におすすめのサプリメントランキングへ戻る

-